応募期間
残り87

Submit

icon FINALIST

Knotty

Knotty

Studio PLAYFOOL

Category : GENERAL
By Studio PLAYFOOL (日本)

Profile

Studio PLAYFOOL

Studio PLAYFOOL は、ダニエル・コッペン(UK)と丸山紗季(JP)によるクリエイティブユニットです。「遊び」を切り口に革新的なプロダクトを創りだすことを得意としています。デザインとエンジニアリングを武器に、リサーチからアイディエーション、プロトタイピングまでを国際的に手がけています。 わたしたちは、「遊び」には全く新しい方法でひとを惹きつける力があると信じています。いかなるテーマであっても、遊びを切り口とすることで、大きなインパクトがうまれることを示すことが、わたしたちのミッションです。

What did you create?

Knottyは4歳以上の子供向けの、楽しい直感的なツールであり自由な遊びを通じて、創造性を伸ばすテクノロジーを探索し応用します。
Knottyは6つのインプットアウトプットのブロックで構成され、結合すると面白い機能の配列が作成されます。インプットはボタンや、振動センサー、音センサーが含まれています。アウトプットはLEDや、モーター、ブザーが含まれています。ブロックの接続は簡単であり自然です。Knottyの特別なロープを使ってインプットからアウトプットに結び目を作るだけで、準備完了です!振動センサーブロックとモーターブロックから魔法の杖を作るかまたは、サウンドセンサーブロックとLEDブロックを繋げ、サウンドトリガーブラスターガンを作ります!Knottyを使うことで、お子様はスクリーンレスで完全に物理的な形のコーディングを体験できるのです。直観的でクラフト風デザインを通して、Knottyはテクノロジーを楽にかつ自然に作成、反復、再生できます。
加えて、Knottyは他の素材と組み合わせて応用するようにデザインされています。上に紙を貼り、ベルクロストラップを使い、ボトルに結合したり、手首に取り付けることでウェアラブルにもします!Knottyを使うことで、創造性が溢れ続けるのです。

Why did you make it?

遊びは自由であり、革新の重要な要素を創り出す新たな意味を発見するための探索的で反復的プロセスです。子どもたちの自分の創造性や興味は、構造化されていない、自由で制約のない遊びの中で育ちます。しかし、今日の親御さんたちは、より構造化された活動と知的学習能力を優先する一方で、自由な遊びの価値を過小評価しているため、今日の若者のメンタルヘルスという問題が増加しているのです。私たちは子どもたちの自己主導遊びの価値を強く信じており、またテクノロジーは新しい高みに引き上げるであろう可能性を秘めています。しかし、市場で提供されるSTEAM玩具製品の多くは、非常に限定的で、どう遊ぶのかその方法も制限あるものばかりで、子供と親の両方に障壁を作り出すという過度に複雑な体験を提供しているのです。Knottyでの私たちの目標は、子どもたちがデザインと技術革新を通して、テクノロジーを使った制作ができる、最もシンプルかつ直感的な方法を作り出すことでした。

How did you make it?

デザインや素材、色などは、モンテッソーリ教育研究者と相談した上で慎重に選択をしました。五面体の形は、子供が表面に他の素材を、より簡単に貼り付けられるように選んだもので、形状の不規則性は、私たちが奨励したい混沌とした創造性を反映したものです。非常に強力であるがCNC対応の素材であるマホガニー材を使用しました。最終プロトタイプを含む、各反復は主に手作業によって行われました。本体をCNCマシンで切断し手作業で仕上げました。同様に、プラスチックの部品は、3Dプリントし、手作業で滑らかでプロフェッショナルな感触に仕上げました。魔法のロープを結ぶ効果を達成するため、Knottyは数か月かけて開発された、独自の特許出願中の技術を備えています。このような小さなパッケージに電子機器を収めるためには、特注のPCBが必要でしたが、化学エッチングプロセスで手作業にて制作されました。最終的に、Knottyのマジックロープは、組紐の技術を用いて、手間をかけ手織りされました。