応募期間
残り80

Submit

icon SPECIAL PRIZE

Life/Time

Life/Time

Witaya Junma

Category : GENERAL
By Witaya Junma (タイ)

Profile

Witaya Junma

自分の作品に新鮮なアプローチを用いることに情熱を持ち、科学のさまざまな分野を探求しています。テクノロジーと機械は私のアートの重要な部分であり、それらは自然の観察または模倣の産物で、生きているもののレプリカであり、そのクリエイターは私=人間です。 テクノロジーと機械の主な役割は私たちの生活を楽にすることですが、アートの世界で場所を提供し、さまざまな役割を与えれば、テクノロジーはストーリーを語り、表現を豊かにし、新しいアート形式を創造できるでしょう。 そして、それらを賢く利用すれば、テクノロジーと機械はアーティストのねらいを従来よりも効果的に伝えるのに役立つと考えています。

What did you create?

Life / Timeは、ゾートロープに代表される視覚技術の持続性に基づき動画を作成するインタラクティブインスタレーションです。参加者が自分の指を水に浸しグラスの縁に触れることで動き始め音が鳴ります。回転するグラスを通して静止画が1つの動画としてプロジェクションされます。異なる形、サイズのグラスを交換することで、それぞれが持つ様々なストーリーを探ることができます。

Why did you make it?

私は光と知覚の関係に魅了され、研究を通して、私は面白い動画技術を発見したのです。インスピレーションを与えてくれるものは、グラスなどの私たちの文化的関心のある日常品に描かれたストーリーです。一定期間のグラスそれぞれのユーザーの人生や、あらゆる動き、モチベーションを記録したいというとてつもなく大きな願望があります。場合によって、グラスが精神的な信念との繋がりを表し、これらの魂を崇拝することが、成功や、豊かさ、幸運など彼らの願いが満たされると、私の観察は示唆しています。これら全ての中で最も人の心をとらえている部分は、これらの動きはとっくになくなってしまった現代のライフスタイルにもかかわらず、私たちのタイ文化では、まだこの概念を受け入れていることです。

How did you make it?

ストーリーを、デジタルファイルに描き1秒に20フレームで作成するためアニメーションループを使用し、ストーリーを文書化しました。それから、これらのフレームを透明の素材に移し、グラスの表面に貼り付けました。シルエットをテストするため、各ガラスに光を当てます。シルエットが正確になったら、実際の眼鏡にこれらのフレームを彫り込むためレーザーを使用しました。

回転プレートはグラスに密着するよう設計されています。相互に作用する部分はArduinoコードで実現されています。濡れた指でグラスの縁を押すと、圧力がセンサーがトリガーとなり、モーターがグラスを回転させます。指でリムを押したままにすると、音が鳴りライトが1秒間に20回点滅し、グラス上の20フレームと一致します。フィルムストリップ上の動画として、これはグラスで達成できるでしょう。その動きはガラスの縁に十分な圧力がかかる限り続きます。圧力が取り除かれると全て停止します。

JUDGES, COMMENTS

  • この作品の構成要素であるゾートロープやグラスハープ、そして影絵。それらは決して最新のテクノロジーではないかもしれないが、この作品はテクノロジーの進化の過程で枝分かれしたもう一つの可能性を垣間見せてくれる。それはもはや、スチームパンクと言っても良いだろう。それはさらに作家自身が発見したローカルな日常のコンテキストがベースとなっていることで、技術とイメージが一つの物語の中に巧みに編み込まれている。
    一見すると、ガラスのコップという誰もが手にしたことのある日常の道具に光が当たっているだけのように見える状況は、我々のまわりは実は常に小さな発見に満ちているということを示唆してくれている。その小さな気づきが、新たな可能性を広げる枝となって広がっていくことを期待したい。