応募期間
残り80

Submit

icon FINALIST

Touch of the network

Taavi Suisalu

Category : GENERAL
By Taavi Suisalu (エストニア)

Profile

ターヴィ・スイサル(Taavi Suisalu

テクノロジー、サウンド、パフォーマンスの文脈で活動し、伝統と現代の感性をミックスし、想像力に富んだ出会いのために周辺の空間をアクティベートします。近年、彼はエストニアのタリンのKUMU ラトビアのリガ・アートスペース、ラトビア国立美術館、フランスのル・リュー・ユニーク、オランダのインパクト(Impakt)、ボザールとブリュッセルの欧州議会、モスクワのギャラリートライアンフ、ベルリンのギャラリー、ホース&ポニー・ファインアーツとヴァイサー・エレファント、ポーランドのフォー・ドームス・パビリオンほか精力的に展示を行なっています。

What did you create?

アートワークは、Subocean Botlightsと呼ばれるアートワークシリーズの一部であり、大陸間通信の大部分が海底光ファイバーケーブルに大きく依存しているという事実からは逸脱しています。植物にとっての太陽のように、このネットワークは、人の髪の毛の10分の1もの薄さである光の糸を運び、技術社会の中に存在するのです。人工太陽光線が海を突き抜けて、明るいスクリーンで顔を照らしている間に、私たちは危険にさらされています。ネットワークのタッチは、灯台のような、また物事の間にあるネットワーク、つまりインターネットの島のようなものとして見ることができるでしょう。この分野のオブジェクトは、自動化プロセスからの通信やボットから、ネットワークに入る際に、避けられないマシン間への通信に対する誘惑としても機能します。これらのコミュニケーション行動の動機はほぼ不透明であり、それゆえ不明です。ロボットからの各リクエスト、ネットワークへのタッチによって、サーチライトが正しく測量技師の三脚に向けられ、ネットワークを介し、ターゲットである物理的な場所へ光が反射されます。

Why did you make it?

アートワークは、私たちが居住する技術的リアリティーを考慮する要因になります。私たちの圧倒的に接続された技術社会における自動化と人工知能の役割について問いかけ、私たちのデジタルと物理的な領域に疑問を投げかけます。最も広い意味では、私たちが居住する技術構造に対し批判的思考を呼び込もうとします。

How did you make it?

測量士の三脚はリサイクルされています。ライトボックスとそれを保持する構造は、私のデザインに合わせて特注で作られています。(アクリルや合板層のような)一部の要素はレーザーカットされています。必要に応じて製作したオブジェクトの制御する電子デジタルシステム。作品には異なる環境で機能しているオブジェクトが撮影されているビデオ部分もあります。私は新たな状況で、より場所特有のものにし、それを再度撮影することを切望しています。