REPORTS

Fab Meetup Special YouFab 2016 Kick Off Party! 開催レポート

By FabCafe Tokyo

8月初旬、YouFab 2016の作品募集開始を記念してKick Off Partyを開催しました。

今年は「デジタルとフィジカルを横断し、結合する創造性 = Fab (ファブ)」と、Fabの定義をより広義なものとし、幅広い作品を募集します。

ゲストには昨年のYouFab 2015受賞者の2人のアーティストを迎え、YouFab実行委員会チェアマンである福田敏也氏がモデレータを務め、拡張し続けるFab領域とアートについて議論を深めました。

今年のYouFabに込めた想い

まずはFabCafeの岩岡から今年のYouFabについてのプレゼンテーション。学生部門の新設やヤマハ(株)協賛によるYAMAHA賞など昨年にまして多様化しているYouFabですが、一番大きな変化はFabの定義についてです。

昨年までのYouFabでは相対的に狭義なFab、つまり応募作品としてレーザーカッターを使った作品や3Dプリンターを使った作品、あるいはそういったデジタルファブリケーシンマシン自体の発明や開発、あるいはハックをした作品など、Fabと直接的につながった作品を想定していました。

それに対し今年からは、デジタルとフィジカルを横断し、結合する創造性=Fab(ファブ)とし、よりFabを広義に捉え、定義しました。

バイオやファッション、教育や社会システム、作品としてカタチはないパフォーマンスあるいは思想など、Fabは様々な分野とコラボレートし、浸透し、新しい表現を生み続けています。

そういった広い視野で作品を募集することで、様々な分野と交わり拡張を続けるFabをきちんと翻訳する必要があると考え今回の広義で新しいFabの捉え方を採用することになりました。

デジタルファブリケーションを一種のメディアとして捉える

1人目のゲストは後藤映則氏。昨年のYouFabでは”toki-”がファイナリストに選ばれました。

“toki-“は3Dプリンターで作成したオブジェクトを回転させ、そこに光を当てることで浮かび上がる世界を作品。

3Dプリンターを新たなメディアとして活用したこの作品は、3Dプリンターで出力することに”時間”という新たな次元を加えています。

『例えば渋谷の交差点の数百人と行き交う人々それぞれには違う時の流れがある』そういった様々な時間を表現することに興味があるそうです。

様々な時間の流れを相対的に切り取るメディアとして、デジタルファブリケーションを使った表現を模索されていました。

 

toki-, Akinori Goto

デジタルとフィジカルの間の”ゆれ”

2人目のゲストは深地宏昌氏。昨年のYouFabでは”Plotter Drawing”がファイナリストに選ばれました。

深地氏の試みはデジタルファブリケーションでの直筆表現。

「紙に直接鉛筆で描くこと」でしか生まれない良さを、一見相反するデジタル制御を加えて考察しています。確かに氏の作品は、人間の直筆では再現不可能な緻密な表現に、印刷では表現の難しい直筆の良さが内包された不思議な表現の作品となっています。

デジタルとフィジカルの間にある”ゆれ”のようなものに迫る表現。まさに今年のテーマである、デジタルとフィジカルの横断というテーマを再帰させます。

 

Plotter Drawing, Hiromasa Fukaji

ヤマハ賞

イベントの最後にはヤマハ株式会社の神谷さんより、ヤマハ賞についてのプレゼンテーションをいただきました。

ヤマハ賞では”エモーションのスイッチ”をキーワードに、作品を募集。(YouFab応募と同時に応募が可能。)

自分や誰かの心を動かし、感情を揺らすきっかけを『エモーションのスイッチ』とし、

わたしたちの感情を揺さぶる未知未踏の『エモーションのスイッチ』の創造に挑戦するクリエイターに贈賞されます。

冒頭でも記したように、Fabの定義は拡張を続けています。

一見すると総体を捉えづらくなってるFabを翻訳し、新しい表現の可能性を広くシェアすることをミッションに、今年のYouFabは作品を募集します。

みなさまのご応募、お待ちしています!

 

YouFab Global Creative Awards 2016

作品募集期間:
2016年8月1日(月)〜2016年10月31日(月) 12:00 (日本時間正午)

カテゴリー:
一般部門・学生部門

特別賞ヤマハ賞:
「エモーションのスイッチ」のテーマに沿った作品を応募される方は、YouFab 2016通常応募と同時に、ヤマハ賞への応募を行うことができます。YouFab 2016 応募フォーム内にある特別賞のチェックボックスをクリックすることで応募ができます。

応募について、詳しくは下記リンクをご覧ください。
http://www.youfab.info/2016/entryinfo_jp.html?lang=ja

 

go page top