募集期間終了 2019年 1月上旬に結果発表

特別賞

ライオン賞
MERGE- 仕事と暮らしが溶けあう未来

YouFab2018特別賞
「ライオン賞」では、
「仕事と暮らしが溶けあう未来」を
テーマにプロダクトやサービス、アート、プロジェクトを募集します

今、私たちは、大きな変化のただなかにいます。予想を超える勢いで進化するデジタルテクノロジーによって、時間や場所を問わず利用できるサービスが生まれ、私たちの働き方や暮らし方は、加速度的に変化しています。また、医療の発展による長寿化によって、教育を受け、会社に就職し、引退し老後を迎えるという、20世紀に引かれたライフプランは今後ますます多様化していくことが予想されます。

会社組織と個人の関係性、仕事と家事と自分事、学びと遊び、パブリックとプライベート、デジタルとリアルなど、様々な「境界」があいまいになり、継ぎ目のない社会を「溶けた(MERGE)」社会と呼ぶならば、私たちはこれから、どのような体験を求め、日々を過ごしていくのでしょうか?

YouFab2018ライオン賞では、「暮らし」に寄り添い健康な毎日を支えるために、様々な製品・サービスを提供してきたライオン株式会社とともに、「”働く”と”暮らす”が溶ける2030年の未来」をテーマにプロダクトやサービス、アート、プロジェクトなどを募集します。

  • 働くと暮らすが溶けるとどのような体験が生まれるでしょうか?
  • 働くと暮らすが溶けると人々の関係性はどう変化するでしょうか?
  • 働くと暮らすが溶けたときあなたはどんな世界が見たいですか?

ライオン株式会社は、クリエイターとのコラボレーションを通して、働くと暮らすが溶け、「MERGE」した未来の生活者の姿を考え続けていきます。

JUDGES

審査員

  • 宇野大介READ MORE

    宇野大介

    ライオン株式会社 
    研究開発本部イノベーションラボ所長

    宇野大介

    宇野大介

    ライオン株式会社 
    研究開発本部イノベーションラボ所長

    1967年京都府生まれ。1990年にライオン株式会社に入社。入社以来、約25年間、歯みがき剤開発に従事。その間、研究開発、ブランドマネージャー、生産技術部門を担当。2018年より、イノベーションラボ所長に就任。

  • 林千晶READ MORE

    林千晶

    林千晶
    株式会社ロフトワーク 代表取締役

    林千晶

    林千晶

    林千晶
    株式会社ロフトワーク 代表取締役

    2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは多岐に渡る。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD」などを運営。MITメディアラボ 所長補佐、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「飛騨の森でクマは踊る」代表取締役社長も務める。

  • 福田 敏也READ MORE

    福田 敏也

    博報堂フェロー/Chief Creative x Technology Officer 大阪芸術大学デザイン学科教授 株式会社トリプルセブン・クリエイティブストラテジーズ代表取締役 FabCafe 共同設立者

    福田 敏也

    福田 敏也

    博報堂フェロー/Chief Creative x Technology Officer 大阪芸術大学デザイン学科教授 株式会社トリプルセブン・クリエイティブストラテジーズ代表取締役 FabCafe 共同設立者

    多様なメディアでの Communicationをplanning / direction / consultingする。自らの会社777interacitiveでは企業の先端ニーズにこたえ、FabCafeではものづくりの未来を考え、博報堂では次世代型Creatorを育成し、大阪芸術大学ではDigitalDesign教育にあたっている。海外評価も高く世界のデザイン賞で多数の受賞歴と審査経験をもつ。

HOW TO ENTER

エントリーについて

「MERGE - 仕事と暮らしが溶けあう未来」のテーマに沿った作品を応募される方は、YouFab 2018通常応募と同時に、ライオン賞への応募を行うことができます。
YouFab 2018 応募フォーム内にある特別賞のチェックボックスをクリックすることで応募ができます。

PRIZE

賞について

LION AWARD 1 WINNER

特別賞 ライオン賞
賞状 / 1000 USD

OPPORTUNITIES

応募者への特典

ライオン賞に応募した方のうち、ライオン賞に選出された方、もしくは、優秀な作品を応募した方には、ライオン株式会社より入賞作品をベースとしながら、ライオン社員との共同開発プロジェクトへの参画を打診する可能性があります。

※ライオン賞応募者の情報は、ライオン株式会社に提示され、ライオン株式会社との共創プロジェクトの連絡目的でのみ利用します。

SELECTION CRITERIA

審査基準について

ライオン賞では、次の観点で作品を評価します。

  • (新しさ)働くと暮らすが溶ける新しい体験を示唆しているか
  • (体験のデザイン)表面的なデザインにとどまらず、豊かな体験をデザインできているか
  • (インパクト)人と人との関係性をアップデートしているか

MESSAGE

メッセージ

ライオンは「今日を愛する。」というスローガンを掲げ、創業127周年の今を進んでいます。
そして、我々が今目指しているのは、これまでの当たり前を‘REDESIGN’し、未来の習慣を作り出していくことです。

10年後の世界、「MERGE - 仕事と暮らしが溶けあう未来」では、どんな生活が待っているのでしょう?
皆さんと一緒に未来を描き、共に創り出していくことを楽しみにしています。

藤村 昌平

ライオン株式会社 研究開発本部イノベーションラボ主任研究員

1978年愛媛県生まれ。2004年にライオン株式会社に入社。これまで、R&D部門で一貫して製品開発業務に携わる。住居用洗剤の技術開発や新訴求開発、台所用洗剤の新ブランド開発を経て、2016年よりプロジェクトベースの新規事業創出業務に従事。2018年より新設されたイノベーションラボにて新規事業の実現とイノベーションを生み出す組織創りに注力。