一次審査中 - 12月中旬ファイナリスト発表 2020年 1月上旬に結果発表

NEWS

ライオン賞トークイベント「スペキュラティブに考える ー 仕事と暮らしが溶けている、少し先の未来について」

Sep.27, 2018

By YouFab Global Awards 2018実行委員会

毎年企業がユニークなテーマを設定し作品募集するYouFab特別賞。 今年株式会社ライオンが問いかける「仕事と暮らしが溶けあう未来」の像とは ー アーティスト・長谷川愛と少し先の未来を考えます。

FabCafeが主催するグローバルアワード「YouFab」。
今年の特別賞である「ライオン賞」では、MERGE -「仕事と暮らしが溶けあう未来」をテーマとして作品を募集しています。パブリックとプライベート、デジタルとリアルなど、さまざまな境界の繋ぎ目が「溶けあう」社会ではどのような体験を求め、日々を過ごしていくのでしょうか?働くと暮らすが溶け、「MERGE」した未来の社会構造や生活スタイルについて、スペキュラティブな視点でアート作品を制作する長谷川愛さん、同賞を設置したライオン株式会社イノベーションラボ 藤村昌平さんを迎え、議論します。

日時:10月8日(月祝)15:00 – 17:00
場所:FabCafe MTRL (東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピアビル2階)
ゲスト:長谷川愛(アーティスト)、藤村昌平(ライオン株式会社 イノベーションラボ主任研究員)
ファシリテーター:YouFab Global Creative Awards 事務局
参加費:無料(1drinkのオーダーをお願いします)
申し込み:https://peatix.com/event/440087/

プログラム

14:30 開場
15:00~15:50 第一部 (60分)ライオン賞の説明 / ゲストの活動紹介
15:50~16:00 休憩
16:00~17:00 第二部 (60分) クロストーク

登壇者

 

長谷川愛
アーティスト/デザイナー
東京大学 特任研究員。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクション等の手法によって、テクノロジーと人がかかわる問題にコンセプトを置いた作品が多い。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(通称 IAMAS)にてメディアアートとアニメーションを勉強した後ロンドンへ。数年間Haque Design+ Researchで公共スペースでのインタラクティブアート等の研究開発に関わる。

 

藤村 昌平
ライオン株式会社 研究開発本部イノベーションラボ主任研究員
1978年愛媛県生まれ。2004年にライオン株式会社に入社。これまで、R&D部門で一貫して製品開発業務に携わる。住居用洗剤の技術開発や新訴求開発、台所用洗剤の新ブランド開発を経て、2016年よりプロジェクトベースの新規事業創出業務に従事。2018年より新設されたイノベーションラボにて新規事業の実現とイノベーションを生み出す組織創りに注力。

YouFab Global Creative Awards 2018 ライオン賞 概要

ライオン賞  MERGE- 仕事と暮らしが溶けあう未来
YouFab2018特別賞「ライオン賞」では、「仕事と暮らしが溶けあう未来」をテーマにプロダクトやサービス、アート、プロジェクトを募集します。

応募ページ
https://www.youfab.info/2019/lionaward_jp.html?lang=ja

SELECTION CRITERIA / 審査基準について
ライオン賞では、次の観点で作品を評価します。 (新しさ)働くと暮らすが溶ける新しい体験を示唆しているか (体験のデザイン)表面的なデザインにとどまらず、豊かな体験をデザインできているか (インパクト)人と人との関係性をアップデートしているか

JUDGES / 審査員
宇野大介(ライオン株式会社 研究開発本部イノベーションラボ所長 )
林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
福田 敏也(博報堂フェロー/Chief Creative x Technology Officer 大阪芸術大学デザイン学科教授 株式会社トリプルセブン・クリエイティブストラテジーズ代表取締役 FabCafe 共同設立者)

PRIZE / 賞金
1000 USD

OPPORTUNITIES / 応募者への特典
ライオン賞に応募した方のうち、ライオン賞に選出された方、もしくは、優秀な作品を応募した方には、ライオン株式会社より入賞作品をベースとしながら、ライオン社員との共同開発プロジェクトへの参画を打診する可能性があります。※ライオン賞応募者の情報は、ライオン株式会社に提示され、ライオン株式会社との共創プロジェクトの連絡目的でのみ利用します。